ドシュラバ総括

一夜明けました。結局、鍵も財布も出てきませんでした。良くて「店で預かられてる」ですが、もう1日経ったことを考えると、まあ十中八九もう戻ってはこないのでしょう。。。。

見つからないまま、出張してます。。。。

 

 

やったことですがざっとこんな感じ。

1)遺失物届けを出す

2)鍵を交換

3)モバイルSuicaにできるだけ金貯める、出張の切符買う

4)カードを止める

 

いくつか教訓があったのでまとめたい。

 

 

 

【一つ、「ポケットにいれればいいや」は危険】

 

 

落とすから。「今まで落としたことなかったから大丈夫♪」と思ってたけど、いつかやるから。やらんと気づかんけど。特に両手が塞がるのわかってる時は絶対やめとけ小さいカバン持とう。

 

 

 

 

 

 

【一つ、鍵と財布は一緒に入れてはいけない】

 

 

今回の私のケース『家のごく近所で鍵が入った財布をなくす』なんですが、「鍵と財布」ってところが重すぎなんですよ。つーかこれ、何がヤバイって、鍵と身分証と金がセットなわけだから、家も身分もバレてんのよ。近所だから向こうさんも土地勘があるわけよ。要は、見ず知らずの人と、一方的に連絡先渡して合鍵しちゃってるわけよ。ヤバない?????こっわwwwwww

 

 

鍵は即交換しました。とはいえ最初入る時、「スパイごっこか」ぐらい警戒して扉という扉全部あけたりしてました。幸い誰もいなかったですが。久々に自宅でスリルを味わいましたよね。(いらん)

余談ですが、管理会社に事の成り行きを話した時、一言目が「スペアキー作りますか?」だったので、内心「おっと。。。?この会社あかんな?」ってなったみたいなことがありましたが(笑)即時鍵交換してくれたので、今は感謝しかないです。はい。

 

こういうことにならないためには、身分証と鍵をセットで落とす危険をなるべく減らすことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【一つ、貴重品すぎる落としものを見つけたらすぐに拾って交番に届けてあげよう】

 

よく言うじゃないですか。「落とし主が気づいて取りに来るかもしれないし、そこに置いとったほうがいいかな〜〜〜?( ´∀`)」っつって。

いや、ちょっと待って???その後落とし主が拾う前に、悪意の誰かが拾わない保証ってあるん?????ない!!!!!!絶対ないよね!!!!!だから即、拾ってあげて〜〜〜〜〜〜〜〜(泣)頼むよ〜〜〜〜〜〜(???)

 

「悪い人がとるかも」って発想って、取られる(かもしれない)側になると真っ先に浮かぶのに、見つけた側になっちゃうと若干薄れることない???私だけ???まーーー、一万歩譲ってもまず大前提、貴重品落とすなアホって話なんだけどーーー。うん。

それでも、もし、落ちてたらね、一番困ることってそれが悪い人に拾われてしまう事なんですよ。例え、今日見つかるかもしれないものが明日警察署に行くまで見つからなかったとして、それって別に最悪ケースじゃないんです。警察署行った瞬間見つかるか、警察から「拾われましたよ」って連絡いくかして程なく見つかるわけですから。悪いやつに拾われたらもう終わり\(^o^)/なんで。

 

 

 

 

今回の私の経験上ですが、財布を落とした場合、100人中95人は遺失物届けを出します。もし財布と鍵を落とした場合には、100人中104人は遺失物届けを出します。大概は、一両日中に警察署もしくは交番に相談に行くんです。なんでね、持ち主と直接連絡ができない場合に落し物を一番早く持ち主まで届ける方法は、警察一択です。たまに言うやつ、「近くのお店に預ける」とか「近くの駅に預ける」は一見親切ですが、その店や駅員さんが確実に持ち主と連絡とれるかというとそんなことはないわけですよ。連絡が取れないまま保管されるという事はつまり、持ち主からしてしまえば、あなたが持ってようが店で預かってようが「見つからない、連絡もない」という最悪な状況は何一つ変わらないわけです。連絡ないって、どんだけ怖いかよ。まーーまず、落とすなwwwwって話なんだけどさ。それは分かってるよ。うん。

個人的には、店側も保管するならその日の営業時間中まででよいと思います。次の日の朝、交番に出してあげて。「善意の人に拾われて無事」という一報を、一刻も早く持ち主に伝えてあげてほしいんだ。交番に届ければ、速攻連絡いって持ち主に届くからさ。本当頼む。正解は、「即、拾って交番」。以上。

 

 

 

 

 

 

 

大概あたりまえのことしか書いてないな(笑)

あーーーーーーーー誰かが預かっててくれてますように。。。。。。。。